Jodel 
ヨーロッパ・アルプスの代表的な民俗音楽といえば,ヨーデル。
胸声(Chest Voice)と裏声(Falsetto Voice)を交互に早く繰り返す唱法で、伴奏にはもちろん民俗楽器であるアコーディオンがピッタリ。
スイスではアコーディオンの仲間である「エルガリー」が伴奏楽器として活躍しています。
ヨーデルの広音域を難なくカバーし、分散和音の多様さに威力を発揮するのはなんといっても、ボタン式アコーディオンが最適で居ながらにして、アルプスの風が満喫できます。
代表的な曲に、「ヨハン大公のヨーデル」「ヨーデル・レントラー」「わがうるわしのツィラタール」などがあり、他にもすてきな曲がたくさんあります。

スイスの民俗楽器エルガリー
 Polka
2/4拍子の軽快な舞踊曲。
伴奏にはもちろんアコーディオン。
コードボタンを強調して、はつらつと軽快に弾きましょう。
主に、ドイツ、オーストリア,チェコ、デンマーク、スイス、
ポルトガルなどの国で演奏されています。
代表的な曲に、「ビア樽ポルカ」「クラリネットポルカ」
「リヒティンシュタイナー・ポルカ」などがあります。

 Marsch
マーチはマーチですが、それぞれ楽曲に特徴があり、お国柄が出ています。
代表的な曲に、「旧友」「双頭の鷲の旗の下に」「ボギー大佐」などがあります。
Walzer
ドイツの民俗舞曲レントラーより派生した3/4拍子の優雅でゆれる感じの曲。
代表的な曲に、「南国のバラ」「オーバー・ザ・ウェーブズ」「美しく青きドナウ」などがあります。
レントラー 
ヨーロッパ・アルプスで誕生した3/4拍子のドイツの民族舞曲であり、ワルツの前身となった。
ドイツ,オーストリーなどアルプス山岳地帯で行なわれる収穫祭などにゆったりと演奏され、かつ、のどかに踊られるレントラー。
素朴で単調な舞曲でありながら、なぜか魅力たっぷりのレントラー。
あなたも、ぜひ、レントラーをアコーディオンで弾いてみてください。
きっと、あなたの魂はレントラーに奪われてしまいますよ。
代表的な曲に、「シュバイッアー・レントラー」「ヨーデル・レントラー」「チロルのレントラー」などがあります。
 Mazurka
ポーランドの3/4拍子の舞曲。第3拍目にアクセントがあり、野趣で、はねる感じの曲。
超有名な曲に、「ミリアバッカ」があります。

 Valse
3連音符が五線の上で愉快に、楽しく、にぎやかに踊ってます。
音符は読むものではなく、見るものです。
切なく、物悲しく、でもときには明るく響くヴァルス・ミュゼットには、もちろんアコーディオン。
できたら、音の切れの良さが抜群のボタン式アコーディオンで、思う存分弾きまくりましょう。
ピアノ式アコーディオンを弾いてる方も、約半年間でボタン式アコーディオンに慣れて、楽しく弾けるようになりますよ。
代表的な曲に、「帰ってきたツバメ」「アコーディオンニストの夢」「小鳥たちの朝の歌」「ブーラスク」「ナポリのそよ風」他、たくさんあります。
ジャヴァ Java
終止が強拍で、ぶつけるように終わる情感、情熱を帯びたフランスに古くからある曲の形態。
ジャヴァはアコーディオンを多く歌ってます。
代表的な曲に、「ギャロパード」「青いジャバ」などがあります。
 Paso-doble
闘牛士の音楽に象徴される曲。
代表的な曲に、「エル キャバレロ」「エスカミリオ」「グラダナ」などがあります。

 Tango
哀愁を感じさせる社交舞踏曲。
アコーディオンの兄弟分である、バンドネオンにより演奏されますが、アコーディオンでも十分に演奏表現できます。
ちなみに、バンドネオンはメロディを奏しますが、リズムにも重点をおいた民俗楽器です。
 代表的な曲に、「ラ・クンパルシータ」「バラのタンゴ」「碧空」「小雨降る径」などがあります。

 Volkstanz
フォークダンスとアコーディオンは切っても切り離せない仲です。
ワルツ、ポルカ、レントラー、ショティッシュ、マヅルカ、
シュプラットラーなどの伴奏には、アコーディオンが
大活躍します。
世界の各地で、アコーディオンが使われていると云っても
過言ではないでしょう。
あなたもアコーディオンを弾いてみませんか?
 代表的な曲に、「羊飼いのマズルカ」「ポロネーズ」「ドードレブスカ・ポルカ」などがあります。
 Schottische
4拍子の曲で、マーチとポルカの中間の様な曲で、ダンスでは跳ねるように踊ります。

 Bierhaus Musik
ビールと言えば、ドイツ。ドイツと言えば、ビール。
ビールの国ドイツ、ビアホールでの演奏,伴奏にはもちろん、アコーディオンが大活躍。
楽器の機動性を大いに発揮して、楽士が客席まで出向いての演奏はまさに、アコーディオンという楽器の醍醐味。
ちなみに、ドイツ語でアコーディオン(das Akkordeon)は中性名詞です。
さあ、あなたもビールを飲みながら、ビアソングを弾いてみませんか?
たちどころに、ドイツのビアホールに居る気分にひたれますよ。
 代表的な曲に、「友よ飲もう!」「ミュンヘン ホフブロイハウスの歌」「リリー・マルレーン」他、たくさんあります。
Ein Prosit!







〒253−0045 
神奈川県茅ヶ崎市十間坂1‐5‐57
松永 幸夫
п@090−3215−4439
教室の地図はこちらです。
レッスン
フリータイム

楽器

ピアノ式  ボタン式   ディアトニック式

 
入会金
3,000円
ワンレッスン
3,000円 (教材費等込み)
貸し楽器 有り 
駐車場 有り




演奏活動

様々な国の民俗音楽をアコーディオンで楽しく♪


Copyright (C) 2007-2008 Yukio-Matsunaga Accordion-school. All Rights Reserved